FC2ブログ

ようこそ!北見神愛キリスト教会へ 

夏の教会
「神は愛です。愛のうちにいる者は神のうちにおり、
神もその人のうちにおられます。」(聖書)



 お初めての方へWelcome

 集会案内

 1日1章 いのちのパンを!

 北見 三浦綾子読書会

 牧師紹介

 アクセス(教会への行き方)

 住所&TEL
   〒090-0834
    北見市とん田西町297-2 
    【TEL】 0157-26-0101


 E-Mail
 教会のメールアドレス

*私たちの教会は日本アッセンブリーズ・オブ・ゴット教団に属している、聖書に基づいたプロテスタント教会です。何かわからないこと、知りたいことがあれば気軽に御連絡ください。


2018年の標語・御言葉 


2018年は、以下の御言葉と標語を掲げています。


2018年標語ポスター サボテン
それぞれのキャラクターは違いますが、
置かれたところで主なる神を見上げ、
神の愛の眼差しの中で歩んでいきましょう、
という思いを込めています。



2018年標語ポスター 教会 
主の心を大切にしていくということは、
心と体がバラバラにならないで、
キリストの体である教会にしっかりとつながっていくことを
イメージしています。



2018年標語ポスター ハート 
主の心、キリストの心の種を撒き、
育てていくという思いを込めました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↓最新記事は、1つ下になります↓

「救いは主のもの」 

20180916
今週の御言葉
「私が苦しみの中から主にお願いすると、主は答えてくださいました。私がよみの腹の中から叫ぶと、あなたは私の声を聞いてくださいました」ヨナ2:2

メッセージのエッセンス:「救いは主のもの」
 私たちが願うような形で、また望んでいるような時に、神の助けが来るとは限りません。なぜなら私たちの願うことが、本当の意味で私たちの最善ではない場合が多いからです。主なる神は、神の方法で、また神の時に、私の願う最善ではなく、神ご自身にとっての最善をなされるお方です。そしてそれは私たちにとっても最善となっていきます。救いは、私たちのものではなく主のものだからです。たとえ人が造り出す最悪と思えるような状況でも、信仰をもって救いの神を呼び求める時、そこに神の最善を造り出され、良きものを備えてくださいます。

「人生の荒野を運ばれる神」 

20180909
2018年9月9日 海外宣教礼拝
矢吹大介 米国宣教師

主題:「人生の荒野を運ばれる神」
聖書:創世記28:10−15

今週の御言葉:創世記28:15
「見よ。わたしはあなたとともにあり、あなたがどこへ行っても、あなたを守り、あなたをこの地に連れ戻そう。わたしは、あなたに約束したことを成し遂げるまで、決してあなたを捨てない」

「終りの日の到来」 

20180902
今週の御言葉(2018年9月2日)
「あなたがたが眠りからさめるべき時刻がもう来ています。というのは、私たちが信じたころよりも、今は救いが私たちにもっと近づいているからです」ローマ13:11

*この日は講壇交換で、札幌レインボーチャペルの
 下道定身先生が礼拝説教を語られました。

メッセージのポイント:「終わりの日の到来」
1.終わりの日の到来
  a)知らなくてもよいこと、知らねばならないこと
  b)聖書は、終わりの日の到来を告げる
2.終わりの日の前兆
  a)偶然? それとも神が?
  b)聖書は、終わりの日の前兆に目を留めよと告げる
3.終わりの日への備え
  a)死に対する備えは? 死後、神に会う備えは?
  b)聖書は、終わりの日に備えよと告げる
| HOME | NEXT

calendar

S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
08« 2018/09 »10

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

メールフォーム

ご質問ご感想などありましたら、お気軽にメールして下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード
PageTop▲